MENU

奈良時代 正倉院の鏡を研ぐ石が
ここ砥部から運ばれた
にきたつより船出し 大和の地まで
そこから千数百年 今その石に
砥部の職人が形を刻む

砥部焼のすべてがここに。

松山と高知を結ぶ国号33号線沿い、
三坂峠のふもとに位置する「炎の里」。

ここでは国の伝統産業である砥部焼の製造工程の
すべてをご覧頂くことができます。

また、陶工気分を味わっていただける記念の絵付け等、
時間に合わせて楽しんでいただけるよう
充実した設備を整えております。

MORE

TABLE GALLERY

オンラインショップ

「絵の具に泥呉須 筆は付けたて」という
砥部焼の伝統的なスタイルで作られる器。
手描きで表現された一本一本の線は、
力強く生き生きとしています。
砥部焼の代表的な文様である「唐草」が描かれた器は、
オーソドックスな中に現代的な雰囲気も感じさせ、
和食はもちろん洋食にもマッチするデザインです。

詳しくみる

アクセス

砥部焼観光センター炎の里

〒791-2122
愛媛県伊予郡砥部町千足359
tel 089-962-2070 fax 089-962-6611

営業時間/9:00~17:00
(体験の受付は16:00まで)