砥部焼観光センター 炎の里 登窯

登窯は、厳選した9トンもの赤松を3日3晩かけて焚き尽し、
最高1200℃という高温の中で作品を焼き上げていきます。

それは、時に荒々しく、時に繊細にゆらめく炎と
陶工たちの情熱が創り出すドラマのよう。

登窯は、その壮大なドラマのために用意された
神聖なステージといえるのかも知れません。